よびぐん!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よびぐん!

白魔道士のぐんちゃんによるサブブログ。基本的になんでもやる。

iPadProとApplepencilのレビュー!

こんにちは、ぐんちゃんです。

 

前の記事でも言ったけど、なんと今回、最新のiPadProとApplePencilを購入しました。

最高の環境を手に入れることができました。が!

お値段はそれなりにしますね。

中古のiPadminiは1万5000円でしたが、新品のProを買うとその何倍もしました。

 

 

で!

iPad Proのなにがすごいか。

なにせ、最新式のiPadです。

磨耗したminiなんかよりは格段に動作が速く、いつも感動してます。

買ってすぐの頃なんか、意味なく滑らかなスクロールを楽しんでたりしました。

 

まさに「1枚のスーパーコンピュータ」。

あとはPC用のソフトとか使えるようになったらいいのにな、とか思うんだけど。

 

それは難しいのかな?

 

 

でも

それだけじゃないぞ?

私、あるブログを見てapplepencilの存在を知ったんですけど、これがやっぱりすごかった。

その記事がこれ。

yossense.com

 

ヨスさんのブログはいつも見せていただいているのですが、特にこの記事はよく見るんです。

 

僕もイラストを描く人ですけど(画力についてはおいといて)、やっぱりこのapplepencilは気になっていました。

 

で今回買ってみたということです。

 

そしたらびっくり仰天!

これまでのぼくのお絵かき環境はiPadmini+intros creative stylus 2でした。

確かにレビューしたりしましたよ。

 

gunmai2.hatenablog.com

 

たしかに最初はすごいと思った。とは言っても筆圧が使えるというのしか感動はなかったんですけど。他は普通のタッチペンと一緒でした。

 

(むしろ画面保護シートにキズがついて…)

 

で今回は…

他の「鉛筆」と変わらないじゃないか!!

applepencilはこんな形状。

鉛筆と比較。

f:id:gunchan2x100:20170315092454j:plain

もちろんですが奥がapplepencil、手前が一般的な鉛筆です。

 

たしかに色とかは違うけど、形状はほとんど変わらず。

前回買ったintros creative stylus 2はこちら。

f:id:gunchan2x100:20170315092942p:plain

こちらはボールペンのような感じ。

これはこれでもいいじゃん!と思うかもしれないけど。

一番大事なのは形状じゃない。

ペンも鉛筆も「かく」ものですよね?

かきごこちが一番大事だと思うんですが。

 

過去記事でintuosucreativestylus2の使用感をまとめていました。

 

 

Procreateで使った感想
・ iPadiPadだと思って使ったらうまく書けない。紙だと思ったほうがいい。
・ さすがのProcreateでも少しタップした位置と描画される位置にずれが生じる
・ パームリジェクション機能(ここ参照)が使えないため、手袋をするなどしないと力が入らず、線がガタガタする。
・ 保護シートに傷がつきやすい。
・ 筆圧感知のおかげ様でアナログ絵と同じ感覚になれる(ペンに慣れれば)

などなど。
使ったらなれるものでしょうか。
ペンに慣れるまではきつかったですが、慣れたらそうそう難しいことでもありません。

 

 

ペンに慣れるまではきつかった…というか今考えてみれば要するに「感度が悪かった」ということじゃないかと思うんですけど。

 

結局途中から感度が良くなることもなく、最後までどんなものなのかわからずに機種変更…

 

あぁ、こんなペンを使ったこともあったものだ。

それももう思い出話だ!

では、applepencilに話を戻します。

鹿児島中央駅ビックカメラでApplepencilとiPad Proがデモンストレーション的に使えるようになっていました。

 

まずZenbrush2で試しましたが、おお!ズレない!筆じゃん!!

 

感動しました。店頭で1人で「うわぁ!」と言ってしまった。

そしたら店員さんがやってきて「え?今日は買う気で来たの?」ときかれたので、もうこれは自己判断で「ハイ!」と言って在庫を確認してもらった。

 

在庫はあったよ、この色でいいかな?

とくにこだわりはないので「ハイ!」と答えました。

 

と同時にApplepencilも購入!ショーケースに入っていて店員さんが取り出すのに苦労してたけどなんとか入手。

 

家に帰って来たぞ!

家に帰って来て、画面保護シート貼ってカバーつけて初期設定終わらせて。

 

ProCreateで今回も使ってみます。

 

intuosucreativestylus2との違いは、ペアリングするときにiPad Proとドッキングすること。(詳しくはヨスさんの記事にて

【動画付き】Apple Pencil は最強のスタイラスペンか?! イラストを描く人が検証 | ヨッセンス

 

そして使ってみる。えいや!

 

いやいや、普通に鉛筆画かけちゃったよ。

 

intuosucreativestylus2のほうではこんなことはできなかった。

なぜなら遅延が大きいからです。そして、描画位置とタッチ位置にズレがあるからです。

 

見た目も鉛筆だけど、かき味も紙と鉛筆級だった。

 

過去記事と同じような形式で書くと。

 

iPadiPadだと思って書かなくていい。てか、途中でiPadが紙なんじゃないかって自然と思えるから。

・ さすがのProCreateになるとズレは0に近い。

・ パームリジェクションもまぁまぁうまく働いてくれる(完璧とは言えない)

・ 保護シートにはキズがつきにくいようになっている。

・ 筆圧感知、傾き感知のおかげでまったく違和感なくかける(初見でも)

 

 

これ、既にintuoscreativestylus2 を上回ってるよね、すべての部分で。

 

てか、もう別次元だよ。

ただの紙と鉛筆だよ。

 

f:id:gunchan2x100:20170315101459p:plain

実際どんなふうにかけるのか。

適当に書いた画像がこちら↑

 

ほら!傾きによって太さが変わったり、筆圧によって濃さが変わったりしてるっしょ?

 

文字も正確にかけるほどズレがないのです。メモにも最適。

 

しかもパームリジェクションに大体対応してるので、ほとんど紙と鉛筆。

 

注意すること

ApplepencilはiPad Proのみに対応してますので(2017年3月現在)、他のiPadでは使えません。

 

画面が小さい方のモデルでも十分使えますが、絵を描く人は大きいほうが書きやすいらしい。

 

ただ、僕は小さい画面の方です。問題なく使えます。

 

まとめ

これはかなりオススメ。ただしお値段がかなりしますから、買うのはちょっと覚悟が必要かも。

 

お金に余裕があったら是非買ってみてね?

Written by gunchan