よびぐん!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よびぐん!

白魔道士のぐんちゃんによるサブブログ。基本的になんでもやる。

ぐんちゃんの初代FF #32いやしの水の洞窟1

はいこんにちは。ぐんちゃんです。

ではでは、今回はいやしの水の洞窟に挑戦したいかと思います。
ここには今作最強のボスともいわれる「しんりゅう」「オメガ」がおわしけります。

ではでは、早速行ってみましょう。

場所は、ドワーフ運河の近く。

入ってみるといきなり図書館。ここでFF好きの私は古代図書館だ、と判る。
IMG_1177
FF5の世界ですね、これは。
いままでのFFの中で一番心に残っている作品。

FF5は来年にでもやりたいな・・・


でもここの研究者さんたちが邪魔。
IMG_1178
どけ。

IMG_1179
キミにはどけと言っていない。

IMG_1180
地下2階、浮遊城マップです。

IMG_1181
地下3階、超ハーレムになる俺氏。

IMG_1182
渋滞するほどの踊り子に埋め尽くされている。

IMG_1183
踊り子さんたちのトレーニングコース。
ジグザグ歩きまくります。
IMG_1184
地下5階、宝箱からの登場。


ギルガメッシュ先生!

こいつはFF5のとき、すごいやつだった…
ラスボスとなるエクスデスの手下なんですが、全然使えないんです。
中盤では、エクスデス様に●デジョンをかけられて異次元空間に送られました・・・
かわいそうに

それでは
先生の名言集(FF5より)

く くそっ! きょ きょうのところは これくらいにしといてやる!
おぼえときな! ぺっ!


おれが悪かった・・・・・・  (ヘイスト)
4人でこられちゃ・・・・・・  (プロテス)
てもあしもでないぜ・・・・・・  (シェル)
・・・・・・てのは ウソだけどな!! (ジャンプ)



うっ! 急用を思いだしたぜ!! 必ず もどって来るからなっ!


あおーい空 ひろーい海 こんなにいい気分にひたっている私をじゃまするのは・・・ だれだー!!


よし ここからは 本気で戦わせてもらうぜ! ギルガメッシュチェーンジ!! エクスカリバーとやらのパワー ためさせてもらうぜ!!


ありゃ! ば ばかな! 最強の剣じゃないのかー!!
エクスデス:「ギルガメッシュ!」
・・・・・・
エクスデス:「役にたたぬやつめ!次元のはざまへ行くがいい!」
そ そんな! それだけはかんべんを!
エクスデス:「だまれ!」
あーれー!!
(デジョンで次元の狭間に飛ばされる・・・)  


 まにあった! このまま帰ったんじゃ かっこわるいまま れきしにのこっちまうからな!


じょうとうだぜ!このギルガメッシュ様が・・・・・・たおせるかな?!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

こういうやつです。はい。
これが敵の手下なので面白い・・・最後には仲間になろうとするし・・・
なんだかんだ言っていいやつなんですが。

IMG_1185
IMG_1186
いつも通り、●セーバー、ヘイスト、ストライなどで強化。
IMG_1187
アルテマウエポンを持った白魔道士も戦士顔負けの威力。
白魔道士もアタッカーに。

IMG_1188
白魔道士でもこの強さ。

これ普通に戦士だよね。

ちなみにこいつの打ってくる「エクスカリパー」は必ず1ダメージです。

IMG_1191
やっぱりここでも能力アップ系統がみつかる。

IMG_1192
気が付けばレベルも57、強くなったものだ。


つづいて地下10階、アトモス先生。
IMG_1193
FF5の第2世界、バリアの塔ででてきました。
死んだ人をどんどん吸い込んでいって、極限まで来るとデジョンで肉体ごと消してきました。

今回は、死者を吸い込む能力はないらしいですが、
IMG_1194
こんな感じで強制的に吸い込む技に代わっていました。

IMG_1195
今回は白魔道士をアタッカーにします。
IMG_1197
くらえ!アルテマウエポン

IMG_1198
2回目。
ストライが増えてさらに効くように。

IMG_1199
暇だから、ライトブリンガーでホーリーを使う。

IMG_1200
相手も負けじと●ファイガ。でもリボン装備の我々にほとんど効果なし。

IMG_1201
IMG_1201
そして終了。

IMG_1202
お土産のさばきのつえ。なんと●フレア―が使えてしまう・・・

これじゃ黒魔道士の需要ないじゃん。

一応はじめはこれが目的だったので、ここで脱出します。

IMG_1203
こういう弱い敵にも。

IMG_1204
即・ズドーン!

IMG_1205
私も即・ズドーン!

みんなで即・ズドーンできます。
2本目がほしかったので、いったんここで脱出します。ええっと、次回は、ギルガメッシュのところとか面白いのでちょっとまとめときます。FF5を懐かしむ号ですね。

ではでは、次回もお楽しみに!

written by gunchan