よびぐん!

よびぐん!

白魔道士のぐんちゃんによるサブブログ。基本的になんでもやる。

Wacomのスタイラスペン「Intuos Creative Stylus 2」を買っちゃいました

こんにちは。大きな買い物をして毎年恒例の夏休みゲームソフト購入祭りを今年は中止にしてしまったぐんちゃんこと烏丸ぐんざぶろうです!

前々回のProcreateに続いてお絵かき関連のレビューとなります。

Intuos Creative Stylus 2についての公式サイト↓


そう、これ1万円近くするんです。
(ぼくは、Yahooショッピングで7020円で買いましたが…)

2048レベルの筆圧感知と先の細さが魅力的らしい…ということでした。

そして家に届いたのがこちら。
aee68940.jpg
おおかっちょいい!


早速開封してみましょう!
5b4294a6.jpg
上:ペンケースのケース(?)
下段 右:スタートガイド・注意書き
   中:対応アプリの広告(?)
   左:ペンケースとペン本体

ペンケースをあけてみると
3a75dc51.jpg
出てきました!これが本体です!

上にあるのはUSB端子です。これでペンを充電できます。

ペンを充電するとはこういうこと↓
4b66d737.png
なんか変な感じしませんか?…

1回2時間の充電で26時間使えます。
充電には困りません。

では、充電して2時間放置します

ーーーーーーーーーーー
2時間経過
ーーーーーーーーーーー

2時間経ちました。早速「Procreate」で起動させてみます。端末は「iPadmini(第一世代)」

(一部のレビューではProcreate非対応となっていますがProcreateを最新バージョンにすることで対応できます。)

ペアリングの仕方(プロクリ編)

1 キャンヴァスを立ち上げる
2 スパナのマークをタップ
3 デバイスをタップ
4 Wacom Intuos Creative Stylus をタップ
5 ペン本体の横についているボタンを押す
6 接続完了と表示される

これでOKです、あとはこれで2048レベルの筆圧を操れます。

ではペンを使っていきたいと思います。

ペンの大きさ
鉛筆より少し短い。一般的なボールペンと同じくらい
47b35bab.jpg
持った感じもボールペンと大差ありません。

Procreateで使った感想
・ iPadiPadだと思って使ったらうまく書けない。紙だと思ったほうがいい。
・ さすがのProcreateでも少しタップした位置と描画される位置にずれが生じる
・ パームリジェクション機能(ここ参照)が使えないため、手袋をするなどしないと力が入らず、線がガタガタする。
・ 保護シートに傷がつきやすい。
・ 筆圧感知のおかげ様でアナログ絵と同じ感覚になれる(ペンに慣れれば)

などなど。
使ったらなれるものでしょうか。
ペンに慣れるまではきつかったですが、慣れたらそうそう難しいことでもありません。

iPad3 iPad4 iPadmini1/2/3 iPadAir1対応です。(Air2には対応していない様子)

お値段があれなので是非是非…とは言いづらいですが、本格的にiPadでお絵かきをする方にはお勧めです!

比較対象がないので何とも言い難いですが、ぼくにとってはいい買い物だったと思います。

これからはもっとこのペンを使いこなしてデジタル絵も上達したいなと思います。